タミフルの事、
詳しく調べてみました。
インフルエンザはタミフルで治しましょう。

子供にタミフルを飲ませる方法

笑顔の子供達

いつの時代も子どもというのは病院で処方される薬やドラッグストア等で市販されている薬を飲むのを嫌がるものです。
そして現代の大人達の中にも、子ども時代に親に無理やり苦い薬を飲まされたことをいつまでも覚えていて、トラウマのようになってしまっている人達は沢山いるのです。
インフルエンザになってしまった場合、最近では患者にタミフルを飲ませて治療するという方法が増えてきていますが、このタミフルももちろん例外ではなく、子どもは飲むのを嫌がります。
しかし親としては医者からタミフルはインフルエンザによく効くと言われてしまえば、何としてでもどのような方法を使ったとしても、子どもに飲ませたいと思うものです。
しかし同様になるべく手荒な方法は使わずにスムーズに飲ませたい、そのような親は思っているものなのです。
もしも子どもにスムーズにタミフルを飲ませたいと思っているのであれば、タミフルを服用することによって身体が辛いのが早く治るのだよということを諄々に語っていくと良いです。
子供というのは大人と違ってとても素直です。
なのでどんなに馬鹿げていることだったり、通常では考えられないようなことであっても、純粋に無邪気に信じようとします。
特に子どもにとって親というのは絶対の存在ですので、親がそういっているのであれば頑張って飲んでみようと思うようになるものなのです。
それからいくら説明してもタミフルを飲もうとしない子どもの場合、思い切って餌でつるという作戦に切り替えてみるのも一つの方法です。
例えば頑張ってタミフルを飲んだら美味しいケーキをあげるとか、何か一つおもちゃを買ってあげる等といってタミフルを自分から飲みたいという気持ちにさせるのです。